ホームへ戻る
 

女性の病気に関する事例(がん治療)%__

おなまえ 管理人の深谷
E-mail fukaya@ganchiryou.tv
コメント 当掲示板は 管理人しか書き込みできません、
5年間どなたでも書き込めるようにしておきましたが最近 いたずら書きが多く業務に差しさわりが
出てきたので止めました。 特に英語のプログラムによる書き込みの場合は 体験談の全てが一瞬にして
消されてしまう為です。

お知らせメールしたのに回答が戻らない方は メールが戻ってきてしまった方(NTTドコモ等)です、
         
よって、電話くれれば対応します。048−653−9608、深谷

 

No.38、2009/10/11(Sun)<深谷ページの管理人>ミネラル溶液を飲んで 5ヵ月後に治り、1年間の定期健診でも異常なく主治医から完治を伝えられた子宮内膜症の娘さんの事。

2009年10/11日のメール
子宮内膜症の娘ですが完治して 嫁に行きました。
有難うございました。これからは私と妻と二人ですが宜しくお願いします。

 


No.37、2008/11/06(Thu) <深谷ページの管理人>    卵巣がん患者 bR4の方のその後

11/3日のメール(がん治療)
母の状態ですが、抗がん剤治療をしていたにも 関わらず、髪の毛がまだたくさん残っていますし、顔色が よく、病人には見えません。
しかし、野島博士がおっしゃったとおり、「がん治療を飲んでいたら秋口には 手術が出来ます。その時は、癌がなくなっているだろうから、
医者がびっくりするでしょう」と。

100%その通りでした。
今も、同じ病気で治療をしていた人たちと比べると、びっくりするくらい元気です。
癌治療のすごさに、びっくりしています。
本当にありがとうございます。

10/4日のメール
9月30日に手術をしました。
癌は消失していたそうです。しかし、子宮と卵巣は摘出。リンパの病理検査の結果が、2週間後にわかります。
ありがとうございます。
─────────────────────────────

と言う事です。
これも 癌治療の権威 野島博士の お陰と言うものです、あと人生、半世紀近くあります、 多いに ご活躍ください。
又、貴女の体験談は 多くの方の光となることでしょう。
管理人の深谷。


No.36、2008/09/11(Thu) <深谷ページの管理人>   bR2の方(転移性 両側卵巣癌)のその後

9/10のメール
一年ぶりのMRIで異常無し、と言うより 前回あった肝臓表面の腹水が消失し、より健康になってました。ありがとうございます。
来月は 沖縄へ一週間遊びに行ってきます。こんな日が再び来るとは夢のようです感謝。


No.35、2008/07/01(Tue) <深谷ページの管理人> 90歳の老女も快復しています、卵巣がんのW期 、和歌山県。

2008年6/28のメール(がん治療)
母親の件ですが、
試験開腹の後、タキソールとパラプラチンの点滴を5回受けてダウンし、要介護4段階の状態で副作用に
苦しんでおり、がん治療も2.5本、年末まで飲んだ後、冬場に入って飲みづらくクロレラエキスだけを飲ませておりました。
1月の検診で一旦腫瘍マーカーが25(正常値)に下がっていたものが3月に入って300まであがってきました。
再度抗がん剤の点滴を2度受け、足がふらつくので今度はラステットS錠の投薬治療となりました。
ガン治療も3月から再開しました。
発熱で入院したりしてラステットS錠も1日2錠を2クール受けた後中断しました。6月になって マーカー値が77〜110になっております。
医者は癌をたたいてしまわなくても押さえ込めばよいといってくれ、今は1日1錠に減らして続けるようにしています。
ミネラル水は浄水で2倍に薄めて100ccのドリンクの瓶で1日2,3本のませています。再開後ガン治療を4.5本飲みました。
6月20日を境に90歳と1ヶ月になりましたが、体力が手術前と同じくらいに快復しました。
自分で歩いて物干し、庭掃除をし、トイレ、風呂、食事も一人で出来るようになりました。
癌を抱えたまま、やっていけるような気がしています。がん治療に期待しています。


2007年10/4のメール
初めてお便りします。
私の89歳5ヶ月になる母親が8月末、食欲不振と便秘により検診を受け、卵巣がんと診断されました。
腫瘍マーカーCA125値が8000であったのとCT画像で腹腔上部に腹水が少量見られたのがきっかけでした。
9/10日に開腹手術を受けました。手術途中で腹膜全体にがんが広がっており何もとらずにおくと言われました。
手術のダメージにより胸水が1L 余り見られましたので、転移を伴う卵巣がんのW期といわれました。
19日に1回目の抗がん剤の点滴をうけましたが、一時的に呼吸が し難く酸素吸入を一昼夜受けました。
食欲も3日位してから回復し痺れ等もなく26日に2回目の点滴を受けました。3回目の点滴の前検診で白血球値か2.1で
好中球が30%に落ちているといわれ点滴を中止しました。以後2日間 白血球増加の注射治療を受け改善が見られたのと
腫瘍マーカー値も2000に落ちたとのことで、母親の希望もあり通院で治療を継続することになりました。
地元の薬剤師さんの勧めでグロスミン原液を手術前から多量に飲ませていたので何とか持ってきたのかとも思っていますが、
効果の程はよくわかりません。減らして見るのも怖い気がします。
入院が1ヶ月にも及び しんどさ息苦しさは以前よりまだ回復していません。
がん治療を受けたく思います。ご検討ください。


No.34、2008/07/01(Tue) <深谷ページの管理人>卵巣がん患者が10日後に18cmから10cmに縮小、63歳の婦人、佐賀県。

6/26日のメール(がん治療)
それと、昨日、母の検査がありました。
18センチの癌が10日で10センチに小さくなっていました。
ありがとうございます。何より、この結果で母が益々元気になっています。うれし〜〜〜〜いと連絡がありました。
本当にありがとうございます。そして、今後ともよろしくお願いします。

6/24日のメール
お世話になります。
先日、がん治療を送っていただきました○○と申します。
あれから、母がミネラルを飲みだしてちょうど10日になります。
明日、癌の再検査がありますので、結果が楽しみです。
抗がん剤の投与をうけましたが、特に副作用もなく、食欲も落ちることなく、今まできました。
癌治療がそろそろなくなります。もう一度 送ってください。
今度は、実家に直接配達していただけますか?

尚、先日、野島医師の問診をうけました。40ccを1日4回飲みなさいというご指示がありました。

「1ヶ月くらい飲むと、癌が小さくなり、手術ができるようになりますよ」と、おっしゃっていただきました。
母は信じて、毎日1回もかかすことなく、飲んでいます。
検査結果をまた報告させていただきます。
よろしくお願いします。

6/6日のメール
はじめまして。
63歳の母が本日、第3期の卵巣がんだと説明があり、ネットで検索したら、貴サイトにたどり着きました。
5月に微熱があって、体調がすぐれない、のどがかわく などの症状があって、病院へ行きましたが、どこも悪くないといわれました。
そうこうするうちに、おなかが膨らんできて、やっと、がんの疑いがあると5月26日入院しました。
10日に手術です。
助けてください。お願いします。


No.33、2008/04/18(Fri) <深谷ページの管理人>  消えた腫瘍、乳癌患者のその後、bR1の人。

2008/4/12日のメール(がん治療)
深谷さん、こんばんは。神奈川の○○です。
お久しぶりになってしまいました。
抗がん剤治療も順調で、今年の2月、無事に手術を終えました。
その時、手術前にいろいろと精密検査をしたのですが
何ともビックリ、あったはずのガン細胞が「ない」って病院の先生が言うんです。
それでも一応、切除はしておこうということになりました。
手術後、先生に呼ばれて話を聞いてみると、切開したものの、先生が肉眼で見ても「がん細胞がない」という状態だったらしく、
結局、手術は 去年、一番最初に撮った画像を見ながら「このへん」という部分を切除したそうです。
肉片も見せてもらいましたがほんの少しの塊でした。とってもキレイな肌色で…。
先生も切開して見て驚いたと言ってました。
改めて 癌治療のパワーを感じた日でした。
その後、再発防止にと放射線治療へ通っていて現在に至ります。

それと、抗がん剤治療だけでMRIだとかCTだとかの画像にがん細胞が出なくなったという例は 大きな病院でも1年に1人、2人
出るか出ないかってぐらい 珍しいことらしく、是非とも研究材料にリンパの一部を提供して欲しいと言われました。

2007/11/12日のメール
こんばんは。
早いもので今年もあと2ヶ月弱ですね〜。
来年早々に母が手術することになりそうです。
抗がん剤治療も続行中ですが、副作用もだんだんと軽くなってきました。

10/3日のメール
おはようございます。
またまた深谷さんに報告があります。
母は血糖値がとても高く、160とか170とかって 数値なのですが。
がん治療を飲む前までは病院からもらった薬で下げて それでも150とか140までしか下がりませんでした。
それが、先日、この水を飲み始めてから初めての健康診断で、なんと!血糖値が100!一気に正常値になってしまいました。
またまた驚く我が家です。
─────────────────────────────

と言う事です。
そうですか それは良かったですね。そう言う話を聞くと こちらもやりがいがあると言うものです。
これも ガン治療の権威 野島博士の お陰と言うものです、あと、四半世紀 多いに ご活躍ください。
管理人の深谷。


No.32、2008/03/09(Sun) <深谷ページの管理人>転移性 両側卵巣癌の方が術後、転移もなく 元気に普通の生活をしている、45歳、熊本市

3/7日のメール(がん治療)
お陰様でマーカーは正常値で寒波の冬も風邪ひかずに過ごせました。最近では着物でパーティにでる事も
多くなり偶然 先生方とお会いすると幽霊にでも会ったかの様に目を丸くして「元気そうね!?」と
不思議そうな顔されます。思わず「(こんなに元気で)すいません」と謝ってしまいました。
がん治療のお陰と感謝しております。

2007/6/10日のメール
ありがとうございます。手術や抗癌剤も受けましたが、現在癌マーカー他すべて正常値です。癌治療のお陰と みんなで感謝しております。
これからも宜しくお願い致します。ありがとうございました。

2006/10/23日のメール
両側卵巣癌で転移等はこれから全身MRIを撮って検査しないと分からない状態で、転移性悪性腫瘍です。

血液検査の結果です。

AFE:EIA  2、2
CEA:EIA  1、7
CA125   1840

がん治療を試してみたいと思います。
─────────────────────────────

と言う事です。
胃でも 何でも そうですが全摘せねばならない人は もう既に可なり進んでしまった がんですので
手術しても 1、2年後には また再発で苦しむ人が多いのですが 充分に免疫力が強化されていれば
再発を防げるのです、がん が治ると言うことは 再発も 勿論防ぐという事です。それが この癌治療療法です。
貴女の体験談は 多くの方の光となることでしょう。
後、半世紀、どうぞ ご活躍ください。人生 90年の時代になりました。管理人の深谷。


No.31、2007/08/28(Tue) <深谷ページの管理人>  4月末に乳癌を宣告された人の腫瘍が消滅、 神奈川県。

8/26日のメール(がん治療)
深谷さん、今晩は。
先日、母が詳しい検査を受けたのですがお医者さまが触診しても がん がどこにあるのか、分からないほど
なくなってしまった模様です。
又、母の口内炎がひどい件は、早速塗ったり口に含んだりといろいろ試したところ本当に効いてしまってキレイに治りました!

4/29日のメール
こんにちは。はじめまして。ホームページをざっと読みました。先日、母親(67歳)が乳がん だと宣告されました。
早期発見ではあるけれど 体質的に抗がん剤が効きにくいとのことです。抗がん剤が合う・合わないなんてことがあるとは思わなかったので
ちょっとびっくりしています。また、親が入院など初めてのことなので どうしたものかと戸惑っています。年齢が年齢ですので体力的にも
どうかな?とか いろいろ悩んでいます。がん治療のことは友人から聞いたので さっそくホームページを拝見し注文したいと思ってるのですが。


No.30、2006/12/25(Mon) <深谷ページの管理人>  18センチの末期卵巣ガン患者のその後−No.27

12/20日のメール(がん治療)
この度、めでたく、退院する事になりました(12月20日)。「5月に入院をした時は、末期四、卵巣がんで、18センチぐらいになっていました。
その後の検査では、たいもう、リンパにも転移があると言われていました(子宮、子宮キンシ、ピンポン球ぐらいのが3個、たいもう、卵巣、リンパ)です。
それから抗がん剤治療とがん治療に入り、(5月〜11月)腫瘍が縮小したところで 11月22日手術、お腹を開いた時には、
目で見る限りガンは分からない(消えていたと言う事です。)、取り除いたのは、卵巣、子宮、キンシについては、子宮の下に卵巣があるので
いっしょに取り除いたとお聞きしました。卵巣は自分も初めて見るので、ただ、先生が言うには卵巣は きれいに(正常になっています)との事、
5センチぐらいだったと思います。ただ、卵巣に赤黒い物がついており それがガンだったようです。手術後もう一回の抗がん剤を受けての
退院と言う事です。検査結果については、がん は無かったと言う事です。しかしながら、月1回の検査は必要との事。
それから、姉が、総合病院にいる時、同じ卵巣がんで再発をしてこられた人があり、癌治療を紹介した人がいるそうです。(野島先生にも問診を
受けています)飲みだしてから、数値が下がり始めているようです。詳しい話しは姉に聞かないと分からないのですが。
今回、5月以降本当にお世話になりました。お陰で今度のお正月には いい年を迎えられます。姉の生きたいと言う気持ちと、家族の支え、先生方、
そして、癌治療と (立派な野島先生)のお蔭だと感謝しています。 是非とも、体験談として載せていただきたいと思います。
本当にありがとう御座いました。以上報告まで」と。
─────────────────────────────

と言う事で、この方は 抗癌剤との相性も良く、良い方向に行ったものと思います。尚、当がん治療は リンパがんも治すくらいの力があるので、
少しくらいリンパに転移したくらいでは がん細胞は消えてしまいます。しかし、がん細胞は 毎日発生しているので 切り取っても
一時的処置に過ぎません。免疫力を若い頃のように強くしておく必要があります。良い年をお迎えください。
管理人の深谷。


No.29、2006/12/03(Sun) <深谷ページの管理人>  子宮内膜症が、飲んで6ヶ月で完治、富山県。

11/30日のメール
娘の子宮内膜症は 4月から飲み始めて、手術せず、10月には完治しましたが念の為、3ヶ月に一度 病院に通院して検査する予定です。 

3/15日のメール
娘は、子宮内膜症です。ホームページを見まして何かいいアドバイスが有りましたら教えていただきたいと思いますのでよろしくお願いします。
─────────────────────────────

と言う事で、こう言う話を聞くと こちらもやりがいがあると言うものです。野島博士 曰く「完治したからと言って
全くがん治療を飲むのを止めてはダメ、がん細胞は 死んだふりをしているものがある」と。
以上、おだいじに。深谷。


No.27、2006/10/04(Wed) <深谷ページの管理人>  卵巣ガンの方が縮小し、手術出来るようになりました、岡山県。

10/4日のメール(がん治療)
姉の事ですが、総合病院の治療もほぼ終わり。手術をするようです、しかしながら、今の病院では出来ないようなので、10月2日に、岡山医大へ、
今までの結果を持っていきました。手術は、11月中旬ぐらいになるようです。(よくは自分も解らないのですが、リンパを取り除くようです、
今の病院ではあまりした事が無いらしく岡大へ行くようにと言われたようです。)しかしながら、姉は本当に、(がん なのかと思うほど)ビックリ
するぐらい元気です。毎週、土日は自宅に帰っています。このまま元気でいてくれたらと思う日々です。  
どうかこれからも宜しくお願いいたします。

8/21日のメール
暑い日が続いていますがお元気でしょうか。今回、健康検査の結果が出ました。驚きました。全てにおいて、数値が下がり主治医も家族も
ビックリしています。とくに、血糖、コレステロ-ル、肝機能、こんなに下がるとは、飲んでて本当に良かったなと思います。
結果を(FAX)しておきます。忘れていました。姉は近頃外出許可も取れるようになり>帰ってきたときに逢っています。
手術はまだのようですがすこぶる元気です。本当に良かったです。これからも宜しくお願いします。

7/18日のメール
姉が、外泊許可が出て、15日〜16日と帰ってきました。ものすごく元気でビックリしています。あと一回抗がん剤治療をしてから検査を
するみたいです。腹水はまだ少しあるみたいです。でも心配はいらないようです。小さくなっていれば良いのですが、
きっと小さくなっていると思います。

5/15日のメール
はじめまして、がん治療について色々と読ませていただきました。
じつは、私の姉が、(53歳)卵巣がん と昨日の検査で分かり明日から入院する事になりました。
治療法としては、(◎卵巣がん とは)明記されているとうりの治療法だそうです。抗がん剤で小さくしてから手術をするみたいだそうです。

その時にがん治療を併用する事は出来るのでしょうか。
─────────────────────────────

と言う事で、この方は 抗癌剤とがん治療のおかげで 腫瘍が縮小し、手術出来るようになったものと思います。
手術は成功すると思いますので 後、四半世紀は 普通の日常生活が出来るものと思います。勿論、毎日のお茶感覚で
がん治療を健康維持量 飲んでいれば です。以上、深谷。


No.25、2006/05/24(Wed) <深谷ページの管理人>  1年前、乳がん が大きすぎて手術できなかった方、宮崎県。

5/23 のメール (がん治療)
体調は、というと おかげさまで元気です。ただ、術後ずっとホルモン治療を行っておりますので 副作用のせいか?肩こりとかがヒドイですね。
PCをする仕事のせいかもしれませんが。

今年の4/26 のメール
おかげさまで元気に過ごしております。毎日はあっという間です。
すっかり春らしくなって、娘も小学校に入学いたしました。私もなんとか髪の毛も のびてきてようやくカツラを外して外に出られるようになりました。
まだまだこれから がんばらなきゃいけないなぁと思いながら野島先生、深谷様には心から感謝しております。

11/24 のメール
11月1日に全摘の手術を終え、現在はノルバテックスとゾラデックスでホルモン治療を行っております。
おかげさまで特に副作用もなく、元気に過ごしております。あとは再発しなければいいのだけれど…!!

7/4 のメール
おかげさまで体調も良く、順調に治療が進んでおります。抗がん剤も予定通り、6回目に突入します。
先日の検査では5.5cm→4cm、リンパ鶏卵大→2cmまで縮小しました!
飲み始めて3ヶ月が過ぎましたので これからもっと小さくなってくれるといいのですが…

4/16 のメール
おかげさまでがん治療を飲み始めて もうすぐ1ヶ月になります。
抗ガン剤も先日2回目をクリア致しました。<BR>主治医の先生によれば しこりの大きさも小さくなってきているようだし、脇下のリンパの腫れも
だいぶ小さくなってきているとのことでした。(最初は鶏卵大くらい はれていたそうです。)抗がん剤の副作用として髪の毛は ほとんど
抜けてしまいました。今はカツラを使用しております。抗がん剤を投与した2日後がどうも調子悪く、1日だるくて寝てばかりいます。
ですが吐き気などはほとんど無く、元気に生活しております。これもがん治療のおかげかな…と感謝しております。

2005/3/20 のメール
右の胸に約1年前から大きめのしこりがあり、当時は乳腺炎と判断されていて、特に心配は要らないと言われていました。
しかし、昨年冬あたりから、大きさも大きくなり、うずくような痛みを伴うため、今年3月11日検査を受けたところ、 右の胸のしこり全体に
石灰化が見られ、乳がんと診断されました。右の脇下のリンパも はれており(卵大)転移が疑われるそうです。
とりあえず、全摘出、再検をと言われたのですが、先に抗ガン剤、ホルモン剤投与によって がん細胞が小さくなる事を期待して  治療を受ける
予定です。(3月23日に第1回目の抗がん剤投与です。) わらをもつかむ想いでがん治療の頁にたどり着きましたが
この治療法は飲んでいるだけで体が改善されるのでしょうか? 
─────────────────────────────

と言う事で、末期がんの方や このご婦人のように大きすぎる腫瘍は 小さくして、手術するのが完治への早道です。
他の健康食品のページで末期がんが「完治」という文字が見えますが、世間を騒がせたアガリクスの販売会社、「健康アドバイスセンター」などで
判るように末期がん「完治」は 極めて疑問です。疑う必要があります。勿論、初期の「がん細胞消滅」は、効き目の良い健康食品なら、あり得ます。
私は、そう言う末期がんが「完治する」と 誇大表現を行っているところに問題があると思います。そこの顧問の医者がテレビの取材に 我関せずで、
いみじくも答えました、「末期がん は完治するはずがない」と。
末期ガンは、「完治は マレ」と思ったほうがよいです。小さくして、手術か、高齢の為 手術出来ない場合は、それ以上の転移を止めて共存の道しか 無いように思います。
勿論、がん治療なら「末期ガン改善」はありますが。この体験談のご婦人は 抗癌剤との相性の良さもあり 改善が早いものと思います。
髪の毛が伸びて来たのは ミネラル溶液のお陰です。
以上、おだいじに。管理人の深谷でした。

次のページへ  

がん治療のページに戻る